【コロナ感染防止強化】
新しい生活様式の安心・安全なバレエコンクールを目指します



審査員

経歴

バレエダンサー、バレエ教師、バレエロシア語講師。ロシア・イジェフスク出身。
ロシア国立ウドムルト芸術大学を首席で卒業し、教育振付家としてロシア国家芸術学士号を取得。
ロシア国立チャイコフス キー記念ウドムルトオペラバレエ劇場、 バレエカ ンパニー “Moscow city ballet”にて数々の舞台に立ち、 Dance Company “アンサンブル・イジェフスク”にてバレエマスター、 振付家として活動。2012年に日本に拠点を移し、谷桃子バレエ団に入団。
CID UNESCO TOKYOに出演。2012年以降、RBS-studio、東京高等バレエ学校、 他のバレエスタジ オ等で舞台振付、パ・ド・ドゥクラス、キャラクターダンス等の指導を行う。
演技法を学ぶための“スタニスラフスキーシステムワークショップ in TOKYO”を主催。
2012年から東京、千葉、横浜、甲府、名古屋、京都、大阪、福山、徳島でワークショップを行う。
2013年より留学斡旋を開始。
2016年シアターXにてロシア民族音楽舞踊アンサンブルGARMOSHKA冬のコンサート~ロシアの宝箱~をプロデュース、
2018年10月ワガノワ・バレエ・アカデミー主催バレエ教師の復習セミナーを履修。 同月同校で開催された会議で、ロシア各地の大学から集まった舞踊や芸術関係の教授陣の前で ワガノワ教授法のカリキュラムについての論文を発表。
ワガノワ・バレエ・アカデミー日本公式パートナーIMPRESSARIO(impressario.jp) 代表として、 サマーワークショップや正規留学オーディション、バレエ教師の為の再教育プログラムを開催。
2019年PIBCバレエコンクール審査員。ノボシビルスクバレエ学校オーディション審査員。


経歴

英国ランベール・スクール卒。
これまでにランベール・ダンス・カンパニー、フェニックス・ダンス・シアター、 アクラム・カーン、シディ・ラルビ・シェルカウイ、フィリップ・デュクフレ、 テロ・サーリネン、インバル・ピント/アブシャロム・ポラック、エラ・ホチルド、 トリスタン・シャープス、平山素子、近藤良平、小尻健太、キミホ・ハルバート、 夏木マリ、西島千博、舘形比呂一など多数の振付家・演出家の作品に参加。
振付家としても第3回セッションベスト賞を受賞したほか、
横浜ダンスコレクション2017コンペⅠにおいて
「若手振付家のためのフランス大使館賞」
「MASDANZA賞」
「シビウ国際演劇祭賞」
を史上初のトリプル受賞するなど大きな注目を集めており、国内外で公演を行なっている。


経歴

2歳半より笠井洋子バレエスタジオにてバレエを始める。
その後、伊藤美智子バレエスタジオにて、伊藤美智子、佐々木想美らに師事。
13歳より橘バレエ学校にて、ゆうきみほ、大畠律子らに師事。AMスチューデント19期生。牧阿佐美らに師事。
95年 東京新聞全国舞踊コンクール第二部、第三位受賞。
96年 東京新聞全国舞踊コンクールジュニア部、第三位受賞。
93年 埼玉全国舞踊コンクール第二部、二位の二。
94年 埼玉全国舞踊コンクール第二部、二位の二。神戸全国洋舞コンクール二年連続ファイナリスト。
96年 全日本バレエコンクール、ファイナリスト。
15歳よりパリ、イヴォンヌグーぺバレエスクールへ留学。
16歳よりイギリス、ロンドンにある、名門ロイヤルバレエスクールへ留学、翌年卒業。
帰国後、牧阿佐美バレエ団、越智インターナショナルバレエを経て、熊川哲也率いるKバレエカンパニーに入団。
翌年にはソリストへ昇格。
2007年ファーストソリスト、2009年プリンシパル(現プリンシパルソリスト)へ昇格。
2011年TTC(ティーチャーズトレーニングコース)修得。小石川本校アッパー上級クラス、恵比寿や吉祥寺GATE大人クラスを指導。
2012年退団後は、後進の指導に専念。
東京や関東をメインに、大手バレエスクールにて特別講師として数多くの生徒を指導。
大人から子供まで豊富な指導経験を誇る。